WEB限定コンテンツ

♪ドレミレシピ『アジのさんが焼き』

2018.7 vol.10 夏号 特集「真鯵・真鯖(まあじ・まさば)」掲載の『ドレミ レシピ♪』より

千葉県房総半島の漁師たちが山に仕事に行くときに

鮑の殻になめろうを入れて持っていき、

山小屋で焼いたり蒸したりして食べたことから

「山家(さんが)焼き」と呼ばれるようになりました。

「なめろう」を作ったら、さんが焼きは焼くだけの簡単レシピ です。


レシピ:中村和憲先生


作り方

なめろうを適量平らに広げ、両面を大葉ではさむ。


ごま油をひいたフライパンで両面焼けばできあがり。


なめろうの作り方は、Vol.10真鯵・真鯖ドレミレシピを見てね!

ダウンロード
♪ドレミレシピ『なめろう』のアレンジレシピ!『アジのさんが焼き』
印刷用アジさんが焼き.pdf
PDFファイル 2.2 MB